森田童子の曲をカバーしたアルバム

「るり式」るり (2003.2.24up) 
ずっと童子のカバー曲は否定してきた。当然,童子を越えることは出来ないのは分かっている。もちろん,そんなことを期待しているのではない。けれども,これまでに出会ったカバー曲はどれもストレートに伝わってこないのだ。歪みを是とするか非とするかは別にしても,「るり式」るり伝わってくるものが童子とは似ても似つかないように感じた。ところが,るりは違っていた。るりとの出会いはもう1年以上前だろうか。うちの掲示板に書き込みに来てくれて,自分も歌を歌っているとのことだった。そして,2002年9月27日,2枚目のアルバム「るり式」をリリースした。2ndアルバムには童子の曲を入れるとは聞いていたが,アルバムタイトルも「るり式」とは。このアルバムタイトルには彼女の感性と童子への敬愛の念があるように思われた。「るり式」の1曲目が「ぼくが君の思い出になってあげよう」である。1stアルバムも聞いていたが,この「ぼくが君の思い出になってあげよう」を聞いて,るりの全てが分かったような気がした。アルバムタイトル「るり式」の意味も鮮明に理解できた。童子ではない。けれども若いるりの感性で見事なまでに童子の歌を歌っている。とても新鮮だった。これまでに聞いたカバーとは違っていた。Angel'in Heavy Syrup(エンジェリン・ヘビー・シロップ )のMINEKOの声は童子に近いかもしれない。るりの声は童子の声とは違う。歌い方も違う。童子に近づこうとするのではなく,童子の歌をるりの完成で歌いあげる,まさに「るり式」であった。このアルバムは彼女が好きなフォークソングのカバーでちりばめられている。陽水あり,甲斐バンドあり,遠藤賢司あり。でもすべて「るり式」なのだ。これからのるりの歌が楽しみである。
るりのHP:http://www.azukiinu.com/

口笛、夜更けに響く」eastern youth

eastern youth(イースタン ユース)がリリースした「口笛、夜更けに響く」に森田童子の「たとえば ぼくが死んだら」のカバー曲があります。このCDは帯が無く,カバーフィルムに丸いシールが貼ってあります。童子の数少ないカバーですが,どうも好きにはなれませんでした。

口笛、夜更けに響く CD番号:8825-P
SAKASHO-3(坂本商店)
月影
滾らせ、生き抜け
たとえば ぼくが死んだら
此処は何処なんだろう
窓辺に揺れる
只、眠れる魂
石の様にそこに在る

細やかな願い
街の掟
冬の残像


Slap Happy Humphrey スラップ・ハッピー・ハンフリー

遂に,jojo広重さんのユニットで森田童子をカヴァーしたスラップ・ハッピー・ハンフリーのCDとEPを入手しました。(2000.10.13.)
今回,入手したものはjojo広重さんとミネコさんと藤原さんのサイン付きのものです。
うわー,嬉しいね。
このCDにjojo広重さんの次のようなコメントが記載されています。

スラップ・ハッピー・ハンフリーについて
 スラップ・ハッピー・ハンフリーは92年初夏に弊社から発売されたオムニバスCD「愛欲人民バトルロイヤル」に
「逆光線」で参加したのが実質的なデビューである。このユニットのコンセプトは,70年代後半から80年代初頭に
活動していた女性シンガー・森田童子の曲をノイジーにカヴァーするというものだった。当時は森田童子の作品はアナログ,CD共に廃盤で,名前すら口にする人もいなかったと思う。ところが翌年のTV番組・高校教師で主題歌に使用されるやいなや,「僕たちの失敗」が80万枚を超える大ヒット,過去のアルバムの全てがCD化されるという,意外な展開になってしまったのである。スラップ・ハッピー・ハンフリーとして92年の秋には,米・パブリック・バスから7インチ盤をリリースするために「地平線」「センチメンタル通り」のレコーディングを済ましていたし(このEPは94年4月に発売),93年初頭にはこのようなフルサイズCDのリリースを予定していたものの,空前の森田童子ブームさなかにリリースするのはあまりにやりきれず,1年数ヶ月待って,この94年の秋に発売する運びとなったものである。

 森田童子のカヴァーをノイズのなかで演奏するというコンセプトは,実は70年代末,実際に森田童子が活動していた頃に,私がすでにあたためていた企画である。京都に住む高校生であった私は,その頃学生街にはいくらでもあったロック喫茶,フォーク喫茶で森田童子の歌を知った。当時すでにインプロビゼーションを始めていたこともあって,自分なりの森田童子の曲の解釈として,ノイズの中からもれ聞こえる(彼女の)歌というスタイルをイメージしていたのである。
 90年になって,エンジェリン・ヘヴィ・シロップのミネコというボーカリストと出会った時,やがてこのコンセプトが自分の内側で甦ってくるのを押さえることが出来なくなった。もちろん彼女の声質が森田童子と似ているというのも1つのきっかけだが,エンジェリンでのボーカリストとしての繊細な資質,彼女のステージでの幻想的なムードに魅せられた私は,エンジェリン・ヘヴィ・シロップというバンドをプロデュースするとともに,このスラップ・ハッピー・ハンフリーのプランをすすめるという,長年の夢を実現する幸運に恵まれたのである。

 もうすでに音楽が終わっている,という考え方がある。すでによい音楽というのは過去に存在していて,現在にある音楽というのは過去の焼き直しに過ぎないものであるという,かなり絶望的観測である。私自身,アルケミーレコードのプロデューサーとしての立場もあって言動不一致になってしまうが,もう良い音楽は過去に十分にある,とは思う。まるっきりオリジナルな音楽というのは,私が1979年に始めた「ノイズ」というスタイル以降,出ていない。私がソロユニットとして西陣三郎名義で歌を歌うときも,曲はともかく歌詞を他人の作品から引用するのは,自分の言葉を使うより素晴らしい歌が過去にあるからである。
 ならば私が日本人の歌として,最も思い入れを持った森田童子の歌を使って,自分の表現をすることも許されるであろうか。歌の中にある絶望も諦観も郷愁も哀愁も寂念も空漠も抱擁も,私のノイズと混交し,そして別次元の歌へと変成する。これは愛情をこめたカヴァーソングではなく,新しい表現のスタイルである。

 森田童子が今,歌を歌わない理由はよくわかる。しかし今を生きる我々が彼女の歌を歌う理由もあるのだ,と思いたい。このアルバムが私にとっての私家盤で終わるなら,意味がない以上に意味がないはずである。
 1994.9.8 JOJO広重

P.S.
「スラップ・ハッピー・ハンフリー」という名前は,イギリスの70年代のバンド「スラップ・ハッピー」と,巨漢プロレスラー「ハッピー・ハンフリー」の合成語である。意味はない。

[CD]

Slap Happy Humphrey Alchemy Records ARCD-071
地平線
たとえばぼくが死んだら
逆光線
センチメンタル通り
G線上にひとり
みんな夢でありました
蒼き夜は
ふるえているね

[EP]

Slap Happy Humphrey Public Bath P.O.Box 884162,S.F.,CA 94188
Chiheisen 地平線
Sentimental Street センチメンタル通り

ジャケットの表は古めかしく汚れているように見えますが,
もともと,この様なデザインにしています。
アメリカでリリースしたために,この様なデザインにしたのでしょうね。
ジャケットの裏です。
アメリカでのリリースのため,日本語はどこにも見あたりません。


Angel'in Heavy Syrup(エンジェリン・ヘビー・シロップ)(2001.4.30up)

MINEKO ITAKURA:VOCALS BASS
MANDRAKE YOKO:DRUMS
MINE NAKAO:GUITAR VOCALS

1. S.G.E(Space Giant Eye)
2. きっと逢えるよ
3. ボクと観光バスに乗ってみませんか
4. Underground Railroad
5. My Dream

童子さんのカバー収録アルバムであり,スラップ・ハッピー・ハンフリーのメンバーでもあるMINEKO在籍のAngel'in Heavy Syrup(エンジェリン・ヘビー・シロップ)を聴いてみた。やはりダメだった。ボクには合わない。ただ,それだけです。

CD「dance 2 noise 005」 VARIOUS ARTIST (2001.12.12 up)

 ノイズ系のミュージシャンのオムニバスですが,この中にAngel'in Heavy Syrup(エンジェリン・ヘビー・シロップ)「春爛漫」が入っています。